神待ち神待ちサイトは家出した女の子に食事と宿を提供する神様と女の子とが出会う場所ですよね。つまり困っている女の子に援助するわけですが、これは「援助交際」とは言われません。女の子にお金を渡すと「援助交際」となります。

よく考えるとおかしなことですよね。ご飯を食べさせてあげることも、寝るところを確保してあげることも立派な援助だと言えるでしょう。そのような議論がされているのかもしれませんが、現状では、お金を渡してしまうと援助交際として犯罪になってしまいます。考え方としては、何でもお金で解決するのはよくありませんということなのかもしれませんね。

とにかく、ご飯をおごってあげることも泊めてあげることも問題無いわけですから、神待ちの女の子に気に入ってもらうためには、お小遣いをあげるのではなく、お洒落で豪華な食事をおごってあげたり、話を盛り上げたりといったところで頑張ることですね。

未成年との出会いは何があっても禁止

出会い系サイトでメールを続けていくと、たまに未成年ちゃんからメールが届くことがあるかもしれません。ですが、明らかに相手が未成年であるということがわかった場合、要注意です。そのとき、絶対にまともに相手をしてはいけません。

それに乗って変な要求をするようなメールを返してしまった場合、それを材料にされて脅迫されかねません。基本的に未成年とのそういった交遊は厳禁ですので、都市条例などに引っかかる可能性もあります。ですから、あまり危険なことになりたくないのであれば、未成年とのメールのやり取りは避けたほうが懸命だといえるでしょう。

たいていの出会い系サイトでは登録する際に、利用者の情報を登録できるはずですので、基本的には未成年がいるということはないはずですが、中には誰でも使えるということや嘘の利用情報で登録しているということも考えられますので、注意をするに越したことはありません。まだ女性高生などが援助交際のためにサイトを使うという例もありますので、十分に気をつけて利用しましょう。

トラブルを回避するためには、未成年とは関わらないということです。若い女の子と遊べるかもしれないという思いは魅力的ですが、その後にあるかもしれない警察が来てしまうような問題を考えれば、その気持ちは抑えられるはずです。

最近ではそうした未成年との関係もかなり厳しく取り締まられていますので、ちょっとしたかかわりだけでも摘発されてしまう可能性もあります。相手が明らかに未成年だとわかっている場合は、そもそもメールでも相手をしないということが懸命でしょう。実際に会うという段階になっても、なんとかして相手が未成年でないという証拠を確認しましょう。

身分証を確認するなど、相手に失礼にならない範囲で行うべきだといえます。そこを誤魔化してあとで警察のお世話になるよりも、安全で確実な方法だといえるのではないでしょうか。